スワッグで魅せる!おしゃれインテリアとギフトの活用術 - Flower&Plants tette

スワッグで魅せる!おしゃれインテリアとギフトの活用術

tetteの代表フローリスト三谷です!
板橋駅から徒歩5分の位置にて
"Flower & Plants tette"を運営しております。

「スワッグ、ドライフラワーを扱っているお店があるけど、どういう違いがあるの?」
といったお声をよく受けることがあります。
今回は、スワッグとは?ドライフラワーとのちがいや、インテリアのおススメ等を
わかりやすく解説していきたいと思います。

最後には、注文する前に使えるお得な情報
定期的に配布していますので、是非最後までお読みください。

当店でも、ドライフラワーのリースやスワッグを取り扱っていますので
ご要望があればお問合せください!

https://tette-flower.jp/collections/dried-flower
ドライリース - Flower&Plants tette

 
  1.  ドライフラワーとスワッグの違い

    • 製作方法と材料の違い
    • ドライフラワーとの組み合わせ方
  2. スワッグとは?花を飾る新しい方法

    • スワッグの基本と歴史
    • 日本と海外でのスワッグの違い
  3. スワッグの魅力を知る

    • 持続可能なデコレーションとしての価値
    • どんな空間にもマッチするスワッグの多様性
    • おしゃれなインテリアにスワッグを取り入れる

      • スワッグを使ったインテリアのポイント
      • 色々な部屋でのスワッグの活用例
    • スワッグを活用したインテリアアイデア

      • 玄関やリビングでの展示アイディア
      • シーズンごとのスワッグアレンジ
    • スワッグが長持ちする理由

      • 保存技術と維持のコツ
      • スワッグの品質を保つためのポイント

    ドライフラワーとスワッグの違い


    スワッグとドライフラワーは同じものと認識している方もいらっしゃるかもしれませんが、スワッグは「壁飾り」のこと、ドライフラワーは「乾燥させた花」のことを意味します。

    製作方法と材料の違い

    スワッグとドライフラワーは全く異なる概念です。
    スワッグは壁に飾るための装飾品(アイテム)であり、形としては通常、横長のものやリース状の花輪や束ねたものにリボンなど飾りつけがされています。
    一方、ドライフラワーはその名の通り、乾燥させた花(材料)であり、その美しさを長期間保つことができます。

    インテリアアイテムであるスワッグをつくるため、材料としてドライフラワーが用いられる(あるいは生花をスワッグにして徐々にドライさせる)…といった利用がされるので混同しやすいのかもしれませんね。

    ドライフラワーとの組み合わせ方

    ドライフラワーとドライリーフや枝を組み合わせることで、異なるテクスチャーと色のコントラストを楽しむことができます。これにより、さらに個性的なインテリアが完成します。


    スワッグとは?花を飾る新しい方法

    スワッグ - Flower&Plants tette
    スワッグとは、枝や植物を自然な形で束ねたアレンジメントで、フラワーやユーカリなど様々な植物を使い、ナチュラルな雰囲気を演出します。伝統的な花束やブーケとは異なり、よりリラックスした印象を与え、部屋の雰囲気を一新させることができます。

    スワッグの基本と歴史

    スワッグはヨーロッパから始まり、花や葉を壁に飾るナチュラルなデコレーションとして人気を博しました。今では、そのおしゃれな外見から多くのインテリア雑貨店でも特定の商品として販売されています。

    日本と海外でのスワッグの違い

    日本では、スワッグに使われる種類の花や植物がさまざまで、中でもミモザやユーカリがおすすめです。一方、海外ではリースやアレンジメントに多様な花が利用されます。

    スワッグの魅力を知る

    スワッグはドライフラワーなどを利用した、生の花や葉を利用したナチュラルな装飾品です。その魅力は、どんなインテリアにも溶け込む自然な癒しがある美しさにあります。

    持続可能なデコレーションとしての価値

    スワッグは生花の状態でつくり、乾燥する間の変化も楽しみ、ドライフラワーになってからもオーナメントにしたりキャンドルに入れたりと再利用できる利点があり、長持ちするため、環境に優しい選択肢とされています。
    また、ドライの状態のものは価格帯も比較的手軽に取り入れることができます。

    どんな空間にもマッチするスワッグの多様性

    花屋では1点物の限定商品として販売されることも多いスワッグは、シンプルながらも洗練されたデザインが魅力。大人の部屋にもぴったりのインテリアとして注目されています。

    おしゃれなインテリアにスワッグを取り入れる

    スワッグをインテリアの一部として取り入れることで、お部屋全体に新鮮な雰囲気を与えることができます。

    スワッグを使ったインテリアのポイント

    壁にスワッグを飾ることで、空間に立体感と自然な流れが生まれます。また、花瓶に入れずに直接壁に掛けることができるので、新しいインテリアのアイデアとしてもおすすめです。

    色々な部屋でのスワッグの活用例

    リビングや玄関だけでなく、自宅のどの部屋にもスワッグを効果的に飾ることができます。その際、部屋の色やテーマに合わせて、フラワーやリースを選ぶと良いでしょう。殺風景だったり、さみしいなと思う壁に掛けるだけで、新しい空気感を運んでくれますよ。

    スワッグを活用したインテリアアイデア


    スワッグを使ったデコレーションは、自宅だけでなく、ギフトとしても非常に人気があります。

    玄関やリビングでの展示アイディア

    玄関にスワッグを飾ることで、訪れる人に温かい印象を与えることができます。リビングでは、季節感を反映させたスワッグを時期によって変えてみると、一年を通じて楽しむことができます。

    シーズンごとのスワッグアレンジ

    春にはミモザやリースを使ったスワッグ、秋にはユーカリやナチュラルな雑貨を組み合わせたアレンジがおすすめです。これにより、季節ごとの変化を楽しむことができます。

    スワッグが長持ちする理由

    スワッグはドライフラワーを使用している点により、生の花飾りよりも長持ちする特性があります。値は張りますが、プリザーブドフラワーであれば、加工技術がさらに進んでいるのでさらに長持ちする商品になります。

    保存技術と維持のコツ

    スワッグの鮮度を保つためには、直射日光を避け、適度な湿度を保つことが重要です。これにより、長期間美しい状態を維持することが可能になります。

    スワッグの品質を保つためのポイント

    質問やポリシーに関する詳細を事前に確認し、適切なケアを施すことで、スワッグをより長く楽しむことができます。また、無料のメンテナンスアドバイスを提供する店も多く、安心して利用することが可能です。

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    手から手へ、想いを込めたブーケやアレンジメントで大切な人に感謝と愛情を。

    おしゃれでデザイン性の高いフラワーギフトを宅配でお届けします。

    下記ボタンからの注文完了で5%OFFのクーポンをご利用いただけます。

    ※お一人様1度のみご利用可能

    クーポンを取得してギフトを探す

    お花をオーダーする